東京藝大主催のバーチャル藝祭にて弊社CEO施井と長谷川祐子教授による特別対談動画が配信されました。

2020.09.04Event

2020年9月4日(金)〜7日(日)、東京芸術大学によって開催された「バーチャル藝祭」にて、弊社CEOの施井泰平と東京藝術大学大学院の長谷川祐子教授による特別対談動画が配信されました。


スタートバーン施井泰平 × GA 長谷川祐子教授 特別対談

https://youtu.be/A2dW4Muq7hE


対談概要

新型コロナウイルスによって個人の生活から政治経済にいたるまで、社会のあり方は変化を余儀なくされた。とりわけ、実空間での展覧会を制限されたアート業界への影響は非常に大きい。しかし、東京藝術大学が本年度の大学祭を「バーチャル藝祭」として開催することを発表したように、わたしたちはこの状況下における打開策をテクノロジーの活用によって見出そうとしている。

本イベントは、ブロックチェーンを用いアート作品の来歴を記録していく技術を開発するスタートバーン株式会社施井泰平氏から、世界で活躍するキュレーター長谷川祐子教授へのインタビューとなっている。テクノロジーを活用したデジタルアーカイブスの可能性を出発点に、なぜアートにおいてアーカイブスが重要なのか、従来の方法では何が見落とされていたのか、などのアクチュアルな問題が長谷川教授によって語られる。


長谷川祐子教授 プロフィール

キュレーター/美術批評。京都大学法学部卒業、東京藝術大学大学院修了。金沢21世紀美術館を立ち上げ、現在、東京都現代美術館参事、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授、犬島「家プロジェクト」をディレクション。タイ、モスクワ、ベネチア建築等を含むビエンナーレ、数々の国際展を企画。フランス芸術文化勲章、ブラジル文化勲章を受賞。主著に『破壊しに、と彼女たちは言う──柔らかに境界を横断する女性アーティストたち』(東京藝術大学出版会、2017)など。




▼ バーチャル藝祭2020の公式ホームページはこちら
https://geisai.geidai.ac.jp/2020/

RELATED ARTICLES

  • 2018.06.22Event
    AWAJI Cafe & Galleryにて「ASSEMBLY」展を開催します
  • 2018.08.08Event
    黒坂祐 個展「荒れた庭、空っぽの部屋からの要請」(四谷)トークイベントに出演します