時事通信社の会員制ニュースにて、電通と弊社スタートバーンの協業をご紹介いただきました。

2021.07.09Media

2021年7月9日、時事通信社から配信された会員制ニュースにて、電通と弊社スタートバーン の協業についてご紹介いただきました。


▼記事はこちら

電通、NFT事業に参入=スタートバーンと協業、サービス構築支援へ

電通は9日、美術品や音楽などをデジタルデータ化し、ブロックチェーン(分散型台帳)上で取り扱う「NFT」(非代替性トークン、ノンファンジブルトークン)の発行や流通を支援する事業に乗り出すと発表した。電通ジャパンネットワークの研究・開発(R&D)を担う電通イノベーションイニシアティブ、基盤技術を持つスタートバーン(東京都、施井泰平代表取締役)との協業で、NFTビジネス構築を目指す企業に対し、包括的なサービスを提供する。

米国では、美術作品やトレーディングカードなどを所有する証しとして発行されたNFTが高値で取引され、話題を呼んでいる。今後は日本でも不動産や音楽など幅広い分野に、NFTを応用する動きが加速すると期待されている。

安全なNFT発行と使いやすい流通市場の構築には、ブロックチェーンに関する技術力に加えて高い企画力を必要とすることから、今回の3社協業に至った。今後はスポーツやエンターテインメント領域のNFT発行を目指す。

スタートバーンにはSBIホールディングス(HD)子会社のSBIインベストメントが出資。NFTをめぐっては、国内ではZホールディングス傘下の通信アプリ大手「LINE」や、マネックスグループの暗号資産(仮想通貨)交換業者が相次ぎ参入。IT大手のGMOインターネットと、フリーマーケットアプリ大手のメルカリも参入準備を進めており、今後は競争激化が見込まれている。(了)


■ お問い合わせ

スタートバーン株式会社 
広報担当:水野
メールアドレス:[email protected]

【 公式サイト 】https://startbahn.jp/
【 Startrailとは 】https://startrail.io/
【 Startbahn Cert.とは 】https://cert.startbahn.io/ja

RELATED ARTICLES

  • 2018.07.23Media
    NewsPicks「アートビジネスの教科書 #07」に掲載されました
  • 2018.08.08Media
    2018年8月1日発行 日経産業新聞に掲載されました