Startrail

image

アートの信用担保とさらなる発展を支える流通・評価のためのインフラ「Startrail」の開発を行なっています。
世界中のあらゆる主体が接続し、共に作品の来歴管理や規約遵守ができる環境を提供します。

作品の価値や評価を左右する二次流通ですが、その管理方法の主軸になっている従来の証明書管理システムでは、情報の改ざん・コピー・偽造・紛失のリスクが高く、マーケットの信用を毀損する要因になっています。二次流通に関わるプレイヤーは、信用を担保するために作品の来歴調査や権利管理に膨大なコストを費やしています。

このようなアートマーケットの課題を解決するのが、アートのためのブロックチェーンネットワーク「Startrail」です。

アート作品に対してStartrail登録証を発行することで、売買・贈与・展示・保管・修復されるたびに、その情報が自動で記録されるようになります。ブロックチェーンの耐改ざん性と透明性の高さにより、それらの情報の真正性が担保された状態で管理できるため、作品の正しい価値を守ることができます。

また、Startrail登録証には、その作品の流通や取引に関するルールを自ら設定することができます。二次流通時に発生する利益を、作者本人が還元金として自動で獲得することも可能です。


Startrailは、サービスを横断して全てのアート事業者が接続できるアートインフラです。作品と共にStartrail登録証を流通させることで、営利・非営利問わず世界中のアート関連サービスを繋げ、すべての作品の来歴を自動記録し、二次流通や二次利用を容易に行える世界を実現します。

Startrailは公共インフラとして独立性・公平性を保つため、スタートバーンが主導する任意団体「Startrail協議会」が運営していきます。今後本協議会には、複数の専門家・企業・団体に参画いただき共同運営していく予定です。

2019年にホワイトペーパーをリリースし、Startrailのビジョンや仕様などプロジェクトの全貌を公開しました。

 

詳細はこちら

https://startrail.io/

 

OTHER SERVICES

  • 「Startbahn Cert.」は、アート作品に関する情報の真正性と信頼性を担保しながら管理できる、ICタグ付きブロックチェーン証明書「Cert.」の発行サービスです。 アート作品の所有者は、ICタグをスマートフォン等で読み込むことにより証明書の情報を閲覧することができます。アーティストやギャラリーなど、アート作品の流通に関わる事業者は、ウェブインターフェースを通して登録証の発行・移転ができます。 作品情報や来歴を継続的に更新しつつ保全していけるブロックチェーン証明書。デジタル上の情報と実際の作品を紐付けて物理的な受け渡しまで管理できるICタグ。両者のメリットを合わせ持った新しい仕組みです。   Startbahn Cert.は、アート流通のためのブロックチェーンインフラ「Startrail」を利用して構築されています。Startrail上に記録される情報を、現行の紙の作品証明書のような親しみやすいユーザーインターフェースに変換し、誰でも手軽に安心して作品を管理できる仕組みを提供しています。 ICタグのデザインは、事業者名やロゴなどを記載して独自にカスタマイズできます。ギャラリー、画廊、美術系学校や作品証明書発行団体などの事業者それぞれが、独自のブランドとして販売・提供することが可能です。   ▼ 詳しくはこちらhttps://cert.startbahn.io/ja   発行を希望される事業者の方は、Startbahn Cert.ウェブサイト(cert.startbahn.io)のお問い合わせフォームに必須項目を入力の上ご連絡ください。
  • 様々な法人や団体と共に、Startrailを活用した共同事業を展開しています。Startrailが広く普及されることで、より多くの主体がサービスを横断して作品の来歴管理や規約遵守ができる世界を目指します。     株式会社丹青社 Startrailを活用したアート・工芸品の販売・流通プラットフォーム「B-OWND(ビーオウンド)」を共同で開発しています。「B-OWND」は、日本のアーティスト・工芸家と世界中のコレクター(購入者)、キュレーター・美術評論家を直接つなぐプラットフォームです。アーティストとコレクター、キュレーターのコミュニケーションをはじめ、三者の相互評価を公開し、アート関係者および一般ユーザーが第三者評価を可視化できる環境を整備することを目指しています。B-OWND ウェブサイト: https://www.b-ownd.com ▼ 詳細はこちらhttps://www.tanseisha.co.jp/news/info/2018/post-27750     株式会社ワコム 世界150の国と地域でペンタブレットを始めとするクリエイティブソリューション事業を展開し、世界トップシェアを誇る株式会社ワコムと共に、デジタル作品の流通市場の形成に取り組んでいます。ワコムのデジタル署名認証技術をStartrailと連携させることで、ペンタブレット等で創作活動をするクリエイターが自分の作品の権利を明らかにし、二次流通市場で発生した還元金を収益源とすることが可能になります。デジタルアート作品の権利保護および流通基盤構築を、日本国内はもとよりグローバルに展開することで、デジタルアート市場のさらなる興隆に貢献することを目指しています。 ▼ 詳細はこちらhttps://startbahn.jp/press-20191126-wacom/     株式会社クロステック・マネジメント クロステック・マネジメントは、京都芸術大学の学内ベンチャーで、IoTクリエイターの育成やスタートアップ事業の支援を行っています。同社と共同で、株式会社ワコールが京都・丸太町エリアに新しくオープンする京の温所 竹屋町にて、展覧会「1日1組:宿泊者のためだけの展覧会」を開催しています。本展では、クロステック・マネジメントによるキュレーションで京都芸術大学出身アーティストの作品を展示し、彼らの作品が鑑賞・購入される機会を提供。出展される作品には、「Startbahn Cert.」が提供するブロックチェーン証明書「Cert.」が添付され、アート作品の新たな流通モデルの構築を目指します。 ▼ 詳細はこちらhttps://startbahn.jp/x-tech-stb-20200825/     株式会社TRiCERA TRiCERAは、世界中のアーティストが自由に作品を発表・販売できるオンラインプラットフォームを運営しています。アーティストが自国を超えて活動する際のサポートプラットフォームを提供し、アーティストがグローバルに自らのキャリアを形成できる場を目指しています。「TRiCERA.NET」に出品されるアーティストの作品には、「Startbahn Cert.」が提供するブロックチェーン証明書「Cert.」が添付されています。作品の真正性担保および来歴管理を可能にし、アートのグローバルマーケットへの進出に向けて協力しています。 ▼ 詳細はこちらhttps://startbahn.jp/tricera-startbahn-20200928/     株式会社集英社 集英社は、「マンガを、受け継がれていくべきアートにする」というビジョンのもと、2008年から実施しているマンガ原画のデジタルアーカイブ事業を活用し、マンガアートの販売サービス「SHUEISHA MANGA-ART HERITAGE」をスタートしています。マンガ作家の画業に光を当て、彼らの作品に「美術品」としての永続的な価値を与えるという新しい取り組みです。SHUEISHA MANGA-ART HERITAGEで販売されるマンガアート作品にブロックチェーン証明書「Cert.」が発行されます。作家や版元の情報をはじめ、二次流通以降の来歴も永続的に記録されることで、マンガ作品のアートとしての価値が次の世代へ引き継がれていきます。 ▼ 詳細はこちらhttps://startbahn.jp/smah-20210301/