アートが社会のあらゆるシーンに影響を及ぼし、社会全体からアートに還元される。双方向で、なめらかで、豊かな関係性。
これがわたしたちスタートバーンが目指す未来です。
労働や生産性が重要視された現代社会がテクノロジーの進化によって、文化やクリエイティブを掛け合わせた「豊かさ」が重要な社会に変わる。
スタートバーンは、この転換期で必要とされるテクノロジー、仕組み、環境構築を担う事業を展開しています。
ブロックチェーンを活用した新時代のアート流通・評価のインフラとなる「アートブロックチェーンネットワーク」の構築をリード、そしてアート業界内外の企業・団体への導入促進。自社運営のオンライン上でアートを流通させるStartbahn.orgの展開。
アートの長い歴史の中で生まれた信頼性や評価などの仕組み、その構造を理解しつつ、新しい技術を活用することで現実的に解決できる、アート業界の課題に取り組んでまいります。

TEAM

  • 施井泰平

    代表取締役 最高経営責任者(CEO)

    1977年生まれ。少年期をアメリカで過ごす。東京大学大学院学際情報学府修了。2001年に多摩美術大学絵画科油画専攻卒業後、美術家として「インターネットの時代のアート」をテーマに制作、現在もギャラリーや美術館で展示を重ねる。2006年よりstartbahnを構想、その後日米で特許を取得。大学院在学中に起業し現在に至る。東京藝術大学での教鞭を始め、講演やトークイベントにも多数登壇。特技はビリヤード。

  • 大野紗和子

    取締役 最高執行責任者(COO)

    東京大学大学院理学系研究科修了。ボストン・コンサルティング・グループ、Googleにおいて、経営・マーケティングのアドバイザリーやオンラインマーケティング関連のリサーチプロジェクトに従事。東京大学教育学研究科特任研究員として、スマートフォンを用いた認知行動学研究に参加。Fintech事業に取組むAnyPayにおいて、取締役COO・代表取締役CEOとして、決済・ブロックチェーン・投資事業の立ち上げとマネジメントに従事。スタートバーンではCOOとして、国内外のビジネス推進と投資・知財戦略等を担う。趣味は、チェロ、バンドボーカル等の音楽活動。

  • スラメット クリスタント

    取締役 最高技術責任者(CTO)

    インドネシア出身。2008年来日。東京大学学際情報学府総合分析情報学コース(坂村研究室)修了。同博士後期課程在籍。様々な言語を扱い、Webアプリ、iOS、Android、IoTのPaaSなどの開発経験を多く有す。過去には在日インドネシア人用選挙システム等も担当。スタートバーン創業時から現在までウェブ&スマホアプリケーション開発の他、ブロックチェーンの設計全般に関わる。2019年よりCTO就任。趣味はサッカー。

  • 波多野智也

    取締役 最高マーケティング責任者(CMO)

    千葉県印西市出身。音楽学校卒業後、作曲家に師事し劇伴作家見習いとして活動。2003年からIT業界でウェブマーケティングや事業企画、広報を経験、頓智ドット株式会社、アスタミューゼ株式会社を経て、ブロックチェーンをベースにした新しい教養と文化の可能性を感じ、2018年にスタートバーンに参画。パブリック・リレーション、ブランディングやマーケティング全般を担う。趣味は楽器演奏(5弦ベース・指弾き)と音楽鑑賞

  • 小鍋藍子

    取締役 アート部門管掌

    東京出身。主流のポップアートを扱う老舗ギャラリーで営業部長として経験を積んだ後、2011年から平日は商社勤務の傍ら、休日に現代美術を扱うアイココギャラリーを運営開始。アートマーケットの本流を経験しつつ、領域横断的にカッティング・エッジなアートを積極的に扱う柔軟な活動を評価されスタートバーンに参画。現在はアート部門の統括と総務管理を担う。

  • 郷治友孝

    社外取締役

    株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)代表取締役社長・マネージングパートナー。東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA)。日本スタンフォード協会理事、日本ベンチャーキャピタル協会常務理事。前職の通商産業省(現経済産業省)にて『投資事業有限責任組合法』(1998年施行)を起草。2004年4月UTEC共同創業以来、UTEC1号から4号までの投資事業有限責任組合4本(計540億円強)のベンチャーキャピタルファンドを設立・運営。

  • 片山龍太郎

    社外取締役

    慶応義塾大学で経済学士と社会学修士を、ハーバードビジネススクールでMBAを取得。マルマンを社長として再生、産業再生機構では執行役員としてカネボウ等を成功裏に再建。その後ジュリアーニパートナーズ日本代表、世界最古最大のアートオークション会社クリスティーズ日本法人社長等を務める一方、数多くの著名企業社外取締役、美術団体理事等も歴任。又大手VC、ウィズ・パートナーズの創設に参画し現在は国際的VC、マウンテンジャパンのマネージングパートナーも務める。これまで関わったM&A案件は約100件。趣味はゴルフ、テニス、美術、音楽と幅広い。

  • 水野祐

    監査役 

    弁護士(シティライツ法律事務所)。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。グッドデザイン賞審査員。IT、クリエイティブ、まちづくり等の先端・戦略法務に従事しつつ、行政や自治体の委員、アドバイザー等も務めている。著作に『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』、『オープンデザイン参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』など。

  • 土方雄太

    技術フェロー

    東京出身。ケンブリッジ大学数学科卒業。大学時代は暗号技術を支える抽象代数学などを専攻。斬新なメディアの立ち上げを画策しプロトタイピングを繰り返していた所、代表施井がその志に共感しスカウトを受ける。ディレクター兼エンジニアとしての活躍を経て、2018年にはCTOとして会社のビジョンとそれを支える技術の橋渡しを担う。2019年からはブロックチェーン技術とサービス環境の最適化に特化した技術フェローに就任。趣味は映画、音楽の鑑賞と散歩。

  • 能登兵衛

    管理部

    京都大学経営管理大学院修了。2011年大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社(現 大和証券株式会社)入社。公開引受部に配属され入社以来一貫して、上場準備企業の内部管理体制の構築支援、新規上場時の引受業務に従事。その後ITベンチャー企業に転じ、経営企画部にてKPI管理、施策決定の為のデータ分析、事業計画策定、上場準備対応等の業務を経験した後、東京大学エッジキャピタルのベンチャーパートナーとして投資先のバリューアップ業務に従事。支援先の一社であったスタートバーン株式会社に参画。

  • リー ジュンチャン

    UI / UXデザイナー

    シンガポール生まれ。Lasalle-SIA, college of the arts(シンガポール)卒業。ABK-ASIA BUNKA KAIKAN卒業。創形美術学校卒業。出版、日本工芸を国際的に展開するクリエイティブ会社、B2Bデザインコンサルティングファームを経て、UIに対する情熱の高さを評価され入社。アート、本、ウェス・アンダーソンと岩井俊二の映画を好む。

  • 堀口祐美子

    総務/ディレクター

    福岡出身。愛知県立芸術大学油画科卒業。現代アートギャラリーで勤務経験後に入社。スタートバーンではアート部門の業務のみならず、総務やディレクター業務など幅広い領域を担当。好きなアーティストはトーマス・デマンド、デイビット・ホックニー。休日は読書会や批評の勉強会などに勤しむ。ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾3期聴講生。

  • 松本年矢

    エンジニア

    慶応大学経済学部卒業。Leeds大学DiversityManagement過程修了。WEBエンジニアとしてキャリアをスタート、以後ベンチャー系企業で社内基幹システム(Webアプリ)を再構築するプロジェクトに参加し技術を磨く。芸術とブロックチェーン技術をつなげたいという思いから入社。週末は専ら歌舞伎鑑賞と日本舞踊の稽古に励む。

  • ハスナイーン ファドス

    ブロックチェーン・エンジニア

    1991年生まれ、バングラデシュ出身。ユナイテッド・インターナショナル大学卒業。 フルスタックのソフトウェア開発者として5年の経験後、Fin-tech関連企業のCEOを5年務める。Web開発フレームワークを多数経験。近年はHyperledgerを扱う大規模なプロジェクトを始め、ブロックチェーン関連の研究開発に多数関わる。国際的なヘッドハンティングを経て入社。美食と紙の書籍を愛する。

  • 松本光広

    プロジェクトマネージャー

    1989年生まれ。幼少期をアメリカで過ごす。早稲田大学基幹理工学研究科情報理工学専攻修了。院ではソフトウェア無線やDTNについて研究。卒業後は教育系ベンチャーにてウェブマーケ、営業、人事等を担当。2018年よりスタートバーンにプロジェクトマネージャーとして入社。趣味は映画、言語の勉強とトレイルラン。また大学時代の活動が高じ、神奈川県出身ながら、鳥取県江府町のふるさと大使を務める。

  • 浪江航一

    ビジネスデベロップメント

    1990年生まれ。明治大学国際日本学部卒業。株式会社ビズリーチに新卒1期として入社。主に首都圏の中堅・ベンチャー企業への新規開拓営業、採用決定に導くコンサルティング業務に従事。また、地域活性の部署にて福島県沿岸の被災地域で事業を再開した企業に対しても採用支援の経験を持つ。2019年3月より入社し、企業とのアライアンス、ビジネス開発全般を担当。カレーとサウナ、小劇場観劇とラグビーを好む。

  • 濱崎大吾

    エンジニア

    九州大学芸術工学部卒業。電子楽器メーカーでのエンジニア職を経て、東京藝術大学大学院音楽研究科修了。院では音やテクノロジーを用いたアート作品を研究・制作し、修了時に大学院アカンサス音楽賞を受賞。在学中からプログラミングを学び、修了後はWebエンジニアとしてキャリアを積む。ブロックチェーンとアートの領域を横断するスタートバーンの事業に魅力を感じジョイン。好きな作家はフェリックス・ゴンザレス=トレス。

  • 加藤明洋

    フロントエンド・エンジニア

    1992年生まれ、愛知県出身。大学卒業後ウェブ制作会社を経て、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)に進学、メディア表現専攻修了。ブロックチェーンが新しい社会を作る一つの可能性を持っていると考え、それを伝えるための表現としてボードゲーム「TRUSTLESS LIFE」を制作。CREATIVE HACK AWARD 2018 SONY 特別賞を始め各方面からの評価を得る。2018年よりスタートバーンのウェブサービス・アプリケーションの制作に関わる。

  • 伊東謙介

    ブロックチェーン・リサーチャー

    早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。東京大学学際情報学府社会情報学コース修了。同博士後期課程在籍。現代アート市場に強い関心があり、大学では知的財産管理を分散的に行うためのインセンティブ設計を研究している。スタートバーンには株式会社立ち上げ前から参画。趣味は幕末とバイオリン。

  • 鈴木 秀尚

    フロントエンド・エンジニア

    1986生まれ、北海道出身。武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース修了。画家/Webデザイナーとして学生時代から活動を続け、2014年スタートバーン立ち上げ当初から加入。一軒家をアトリエにセルフリノベーションした、宝田スタジオメンバー。

  • 田端鉄平

    デザイナー

    神奈川県出身。桑沢デザイン研究所卒業。デザイン事務所を経て、現在フリーのデザイナーとして活動。アートディレクション、装丁、エディトリアルデザイン、企業ロゴ、ポスター、会社案内、サインデザイン、webデザイン、写真撮影など幅広く制作。スタートバーンのロゴデザインも担当。

  • 杉浦 俊介

    フロントエンド・エンジニア

    1982生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。小台でコーヒー屋を営む、元組み込み系エンジニア。電気工事士でもある。また言語学習が得意で現在はフランス語検定1級取得のために準備中。

  • ユミソン

    アート部門ディレクター

    言葉や意識をテーマとする美術家/キュレーター。主な作品に、土地への影響を返す《うまれっぱなし!》、「存在」を扱った《かみさまをつくる》。主なキュレーションに、北アイルランド《When The Wind Blows 風が吹くとき》、福島県《アラフドアートアニュアル》、宮城県《風の沢ミュージアム》がある。BaexognArts主催。

  • 水野里咲

    アート部門アシスタント

    1997年生まれ、ドイツ出身。ドイツのインターナショナルスクールを卒業し、慶應義塾大学環境情報学部在学中。学生団体S.A.L.のFocus on Myselfプロジェクトの代表を務める。世界各国の子供達にカメラを手渡し、彼らの撮影した写真の展示会を企画する。東南アジアのラオスへ定期的に渡航し、農村地の住居の発展について研究も行う。彼らにとってより良い居住環境のあり方を模索する。

  • 会田寅次郎

    ブロックチェーン・エンジニア

    都内高校在学中。ブロックチェーン、AI、関数型言語を自在に操る。PyCon JP 2014で「The Esperanto Generator」を発表、セキュリティ・キャンプ全国大会 2015参加、2015年東京都現代美術館「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」展出品、第21回文化庁メディア芸術祭新人賞受賞。2018年度未踏IT人材発掘・育成事業採択。

PARTNER

  • 山元浩平

    株式会社コーピー代表取締役

    東京大学情報理工学系研究科修了。同博士課程在籍。東京大学、ヤフー研究所、フランスの研究所Inriaで人工知能の研究を行う。2017年、株式会社コーピー創業。専門は機械学習/Deep learning/マルチメディア(言語/画像)/Web (推薦システム/広告最適化)/感性情報処理等。

  • 天宅正

    デザイナー

    1978年生まれ、神戸出身。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。同大学大学院デザイン科修了後、デザイン会社ドラフト入社。2011年JAGDA新人賞受賞。2016年からフリーとなり、北海道、秋田、新潟、長野、東京銀座、島根など、地域へデザインでの貢献に取り組む。2017年6月より神戸市役所2人目のクリエイティブディレクターとして就任。

COMPANY PROFILE

  • 会社名 スタートバーン株式会社(英語表記:Startbahn, Inc.)
  • 設立 2014年3月26日
  • 代表 施井泰平
  • 事業内容 自社サービス「startbahn」の運営。ブロックチェーン関連プロジェクトの設計、開発。コンサルティング業務、情報処理業務全般 。ウェブサイトやスマホアプリのデザイン、制作。業務用アプリケーションの設計、開発、販売。美術作品制作、イベント企画、アートディレクション全般。店舗や事務所のデザイン、施工マネージメント。印刷物のデザイン、制作 。

DIRECTION

  • 事務所 113-8485
    東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナーラボ255
    (※2018年10月15日より上記新オフィスへ移転しました)

    ■ 最寄駅
    大江戸線「本郷三丁目駅」より徒歩7分
    丸ノ内線「本郷三丁目駅」より徒歩9分
    千代田線「湯島駅」より徒歩8分

ADVISORY COMMITTEE

(五十音順、敬称略)