文化庁主催イベントサイト「MAGMA sessions」に、弊社スタートバーン代表施井登壇のトークセッションが公開されました。

2021.02.16Event

2月16日(火)に、イベントサイト「MAGMA sessions〜マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在〜」が文化庁により公開され、弊社スタートバーン代表施井が登壇したトークセッションが配信されました。無料でアーカイブ視聴が可能ですので、是非ご覧ください。


MAGMA sessions とは、メディア芸術4分野(マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアート)のアーカイブの現状を知り、これからのアーカイブの意義を考えるため、令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業の一環として文化庁が公開するイベントサイトです。

デジタル化の浸透やインターネット環境の向上により、マネタイズの手法やファンの楽しみ方も変化しています。AI・ブロックチェーンが普及してきた社会環境において、それらはどのように変わっていくのか。アーカイブを取り巻く新たな流通について、技術的・法的側面を含め議論します。


◼︎弊社スタートバーン代表施井が登壇したセッションはこちらです。

「ネット・デジタル社会におけるアーカイブの公開・活用~現物・ライセンスが拓く新たな道~」

【登壇者】
赤松健(漫画家、公益社団法人「日本漫画家協会」常務理事、株式会社Jコミックテラス取締役会長)
施井泰平(スタートバーン株式会社 代表取締役最高経営責任者)
高崎俊(弁護士)

【ファシリテーター】
山内康裕(レインボーバード合同会社代表社員)

▼アーカイブ視聴はこちらから(動画)
https://youtu.be/qimFB7qxfiw

▼セッションページはこちら(イベント記事)
https://magma-sessions.jp/session/2/


◼︎「MAGMA sessions」の目的

「MAGMA sessions」では、メディア芸術4分野(マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアート)の、普段あまり取り上げられることのないアーカイブの現在とこれからにスポットを当て、その課題や意義のみならず、アーカイブ自体の面白さを発信していきます。

本サイトにより、多くの方にメディア芸術におけるアーカイブ活動の意義を知っていただき、アーカイブについて考えるきっかけをつくりたいと考えています。

サイトURL:https://magma-sessions.jp
開催期間:令和3年2月16日(火)~3月末日


■ お問い合わせ

スタートバーン株式会社 
広報担当:水野
メールアドレス:pr(at)startbahn.jp

【 公式サイト 】https://startbahn.jp/
【 Startrailとは 】https://startrail.io/
【 Startbahn Cert.とは 】https://cert.startbahn.co/ja

RELATED ARTICLES

  • 2018.06.22Event
    AWAJI Cafe & Galleryにて「ASSEMBLY」展を開催します
  • 2018.11.01Event
    「富士山展2.0」 説明会を開催します